www.ryankaz.com

為替相場についての基本的内容に携わるお話をしたいと思います。為替市場というものは「直に現金の送金をなすことなく金銭授受の趣旨を達成する取引」を指します。概ね為替といえば主に国際為替を指すという事が一般的です。国際の為替というものは両国の通貨の取り替えのことを示します。外国へ旅行(イギリス、台湾、タイ、米国)をしたことがあれば、必ずといっていいほど外国の為替の取引をしたことがあるはずです。近所の銀行で旅行先の国の通貨へ取り替えをするのであればそれは国際の為替という事です。為替の市場とは何かと言うと、買いたいと思っている人と売る側の値段を意味したものです。銀行と銀行の間でのやり取りの末に確定されるものです。それがマーケットメイカーと呼ばれる世界中の銀行です。為替レートはいろいろな力を受けて休む暇なく時間ごとに変わって行きます。為替の相場を変化させて行く動因というのはファンダメンタルズというものが挙げられます。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済情勢、経済の基本とか条件のことを言うものです。各国の経済の上昇や物価の指数、金融緩和政策、貿易収支、有力者の発言など複数の要素が絡んで為替のレートは変化するのです。国際収支統計と失業者数は重大です。貿易収支というのは日本でいえば財務省よりの指令で日銀が貿易統計を叩き台として集計した外国とのある期間の経済上のやり取りを書き記したものです。国際収支統計は中央官庁や日本銀行のHPなどで開くことができます。就労者の統計、失業率も影響するケースが多い理由であると言われます。格段アメリカの就業者の統計は重要となります。毎月提示され調査ねらいが広範な点が特徴です。為替相場の変化は経済の動向を示しています。経済自体の変化を見定めることによって為替の推移推測が可能と言えるでしょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.ryankaz.com All Rights Reserved.